こ な げ ー

CSゲーム中心の感想やトロフィー録など

世界一長い5分間

界一長い5分間
この作品はRPGにおける物語のラスト、魔王との戦闘の真っただ中からスタートする。


幾多の冒険を乗り越え、信頼をおける仲間たちとともにやってきた最終局面。

勇者である主人公はこれまで培った経験を活かし

悪の根源たる魔王を打ち滅ぼす――――はずだった。


「ざんねんながらおもいではきえてしまいました」


なんということでしょう。

主人公バックは戦う理由も仲間の存在も

なぜ自分がここにいるのかその理由すら思い出せないというのです!

 

f:id:konagame:20180323140401j:plain


わりからはじまる物語。


なんらかの理由で思い出を失ってしまった主人公が

魔王との戦いで少しずつ思い出を取り戻し力を取り戻していく。

 

思い出を失い戸惑う主人公を懸命に守ろうとする仲間たち。

そんな仲間の姿に様々な旅の思い出がよみがえり、さらにはこのバトルの意味や理由、
そして思い出が消えてしまった謎に隠された「思い出」。

様々な仕掛けがADVパートとRPGパートを繰り返すことにより明らかになっていく。


魔王との戦闘中は行動分岐や魔王との会話で進行していくアドベンチャー形式。

その選択によって思い出や、ときには妄想が変化して脳裏に広がっていき、そして思い出した思い出を、思い出としてRPGのように体験していく。

思い出した事実がまたアドベンチャーパートにリンクしていったり、戦闘で得た経験は思い出補正として主人公たちの力になる。

 

f:id:konagame:20180323141017j:plain

 

文字で書いたら若干複雑そうな感じになってしまったけれど

アドベンチャーパートには戦闘経過時間によるチャプターセレクト、

RPGパートには戦闘のオート機能やワンクリック全回復、敵を寄せ付けない魔法ノーエンカウントなど、

物語を追っていくのに便利なシステムも備わっていてなかなかの快適プレイ。


RPGパートのイベント進行も「!」アイコンがついた人にだけ話せば物語自体がどんどん進んでいくし、前述のとおり戦闘もオート&ノーエンカウントでおkだし装備やお金も思い出間を移動する度にリセットされるので
熱心に収集したりレベリングするなどの往年のRPG的プレイは「してもしなくてもどちらでもいい」というわりと自由なシステム。

 

 

まーーーでも実際そんなこと言ってられないしおすすめはしないですけどね!!!

 

 

全体的にテキストのセンスもいいから村人全員に話しかけてフフッとしたり

「その町さいきょう装備」の確保や全ツボ探索はFC時代からRPGプレイしている身としては外そうにも外せない要素…!

 

バックの思い出を取り戻しながら、プレイヤー自身のレトロゲームの思い出も掘り起こされていく心地良さ。

 

 

でもバトルは基本オートに頼りきりだった罠。

楽だってのもあるけどなにせ通常時エンカウント率がくそ高いんだ…

その辺も懐かしさあってよかったんだけどねw

 

f:id:konagame:20180323140614j:plain


町に鉄道、カジノに遊園地、シノビの里

すべる床や氷のダンジョン、高い塔に怪しい森

勇者にしか抜けない剣と魔王と女神…

 

なにもかが懐かしくてこれでもかと詰め込まれた定番中の定番。

ストーリーもどんどん王道的展開で進行していくんだけど

 

 

「全てのストーリーが主人公たちの思い出であり強さの源である」

 

ってのがうまく表現してあるのでどれもとにかく愛しいし

王道なんだけどどんどん引き込まれる内容で、

これはほんとネタバレなしで楽しんでほしい…!

私は後半ずっと涙ぐんでましたとも…!

 

ミニゲームも遊び心あるクセになるものばかりで楽しかった。

カジノにスロットは外せないこれ絶対。

 

f:id:konagame:20180323133110j:plain


景やキャラクターはすべてドットで描かれてるんだけど

二等身ながら表情豊かなキャラクターがとてもかわいいし魅力的。

 

魔法の使い手リーゼント

武術の達人ユズ

回復で癒してくれるヨツバ

 

彼らも思い出によりどんどんそのキャラクター像が彩られていって

主人公との絆が思い出により深まっていくのが最高でね~~!

 

 

選択次第でほかの「仲間」も加わったりするのも面白かったけど

私はどうしてもこの3人を外すことはできなかったなぁ。。

 

特にリーゼントが全体的に個人的ツボ抑えてて

二等身ドットだろうが終始ニマニマさせられっぱなしでしたほんとうにありがry

 

 

ADVパート必殺技発動時にのみここぞとばかり使われるフル等身ドット絵カットインもとてもよかった!

 

f:id:konagame:20180323140850j:plain


色々書いてしまったけどほんとオススメですマジ。

王道であり前代未聞なアドベンチャーRPG

 

値段もパッケージ&DL版共に3000円代と低めだし

お値段以上の感動はここにある。

 

個人としても隠れた名作として語り継いでいく予定です。

 

思い出があるから悲しくなるんだ…

でも思い出があるから強くなれるんだ!

 

思い出を消して一からやり直した。

 

 

 

後にちらっとトロフィーについて。

 

基本的に大部分はRPGパートのサブイベントクリアで回収できるし、分岐回収のものもそこまで複雑なものはないので、
RPGモードを戦闘カットのフルオートランで駆け抜ければ比較的に短時間でトロコンまで持っていけるとは思います。

ミニゲーム系は少しコツがいるけど慣れれば簡単なレベル。


ただエンディング到達後のセーブ選択がないのでロードした時にクリア前データに戻るのは注意。(いずれ改善されるとは思うけど)スタッフロール前までのタイミングで手動セーブでデータ作成しておく必要有。

 

 

ブースト可だけどブーストしてほしくないのは本音と真理。

世界一長い5分間をどうぞよろしくお願いします。

 

世界一長い5分間 - PSVita

世界一長い5分間 - PSVita