こ な げ ー R e t u r n s .

CSゲームの感想やトロフィー録など

THE DIOFIELD CHRONICLE

これは伝説となった傭兵団の記録。

発売日 2022年9月22日
プラットフォーム

PlayStation®5 / PlayStation®4 /
Nintendo Switch™ /
Xbox Series X|S / Xbox One / Steam®

ジャンル

シミュレーションRPG

HP

The DioField Chronicle|スクウェア・エニックス 

 

盤面で描かれるのは

過去の遺功か、現在の勝利か。

 

神話の時代が終焉を迎えた混迷の時代。

人の世は騒乱に塗れ、幾星霜に渡って戦乱に明け暮れていた。

その最中、後の世に語り継がれる傭兵団が誕生する。

その名はブルーフォックス。

彼らが行き着く先は悲願か、それとも悲劇か。

 

 

中世・現代を融合したファンタジー世界観を描くスクウェア・エニックスによる完全新作軍記物シミュレーションRPG

 

ジオラマのような質感で表現された戦場で、戦況を判断しながら4人のリーダーキャラクターに指示を出しミッションを遂行するリアルタイムタクティカルバトル
 
 
 
シンプルな操作ながら戦略的。それでいて各ミッションは短時間でプレイすることが出来るので手軽にサクサク遊べるライト仕様。装備やクラス相性によるゴリ押し戦法も可能。
 

f:id:konagame:20221005213427j:image
 
ストーリーのざっくりとした感想をいうと消化不良でした。
 
未回収の伏線ありすぎだし、如何せん描写が乏しいんですよね…。
 
 
軍記系シュミレーションらしくナレーションベースで戦況の推移が語られるパートが大半を占めるのだけれど、常時ファンタジー用語大放出なので集中して聞いていないと一気に置いて行かれる罠。
 
ムービーは結構気合いれて作ってあって好感触(キャラモデリングはもうちょい頑張ってほしかった)だけど、節目の盛り上がりになりそうなイベントもあっさりナレーションで進行してしまうのは流石に勿体なさすぎたかなって。
(ほんのりネタバレすると某キャラ死亡のひと悶着とか…。折角豪華声優なんだから苦しみ悶える演技が見たかった…。)
 
ナレーションシーンとほぼ同量に傭兵たちの軍事会議シーンも登場するけれど、低音イケボ声優大集合すぎてシリアスな内容のはずなのに妙な笑いが込み上げていたことはここに懺悔しておきます。
 
 
 
 
物語には多くのキャラクターが登場するのだけれど、正直各キャラクターの掘り下げも十分だったとは言い難いし、そもそもキャラクター名のクセが強いもんで序盤は覚えるのも一苦労。
所謂好感度システムのようなものもないので、ミッションメンバーもほぼ固定で進めても特に問題ないのもやや残念。問答無用で離脱してしまうキャラクターがいるのはシンプルに悲しかった…。
 
プレイヤーは主人公:アンドリアズを操作することになるものの、彼が腹の中で何を考え裏でどんな行動をしているのかは後半に差し掛かるまでプレイヤーには一切見えてこない作りになっているので、物語にもどこか没入しきれなかったんですよね…。
 
 
 
公式HP掲載の前日譚漫画が「プレイする上での予備知識」としてそこそこ重要度高いやつだったのでまだ見てない方は読んだ方がいいかもしれません。
(こういうのはゲームの中身に組み込んでおいてほしかった…)

www.jp.square-enix.com

 


f:id:konagame:20221005213433j:image

 

バトルはほぼキャラ固定で進行。

盾役のアイゼレアちゃんで敵をまとめつつ防御陣営張って、ヒーラーキャラ(ワルターキンなど)で回復陣営重ねて、アンドリアズで背面クリティカル叩き込んで、銃キャラでまとめてズバババ。

 

ゴリゴリのやり込み戦略シュミレーション好きの人からするとチープで物足りなく思う部分も多いようには思うけれど、簡単な指示出しでスムーズに移動できる気軽さは個人的にはとても面白かったです。

ステージ数はそれなりの量が用意されているけれど、中身はほぼ一緒の作業感がむしろ楽しい。

 

序盤こそお金不足でヒィヒィ言わされましたが後半はもりもりとお金が蓄えられるので武器によるスキル効果で敵を圧倒できる感覚も心地よかったです。

スクエニお家芸召喚獣攻撃は派手もあり爽快で気持ちいい。

 

戦局毎に細かくリスタートもかけられるので攻略面で特に躓くことはないかと思われます。難易度選択が常時切り替えられるのも良い感じ。

 

欲を言えば寄り道ややり込み要素も欲しかったなー。


f:id:konagame:20221005213440j:image

 

クリア&トロコンまでの所要時間は26時間ほど。

トロフィーも時限要素などもなくストーリー攻略+αで簡単に取得可能。

 

 

ちょっとマイナス面ばかり上げてしまった感も否めないけれど、面白くない訳ではないんですよね決して。

作り込まれた設定や世界観に対して供給が足りてないというか…続編の構想があるにしても、この作品での落としどころをもう少し気持ちよく締めてほしかったというか…。

 

 

とにもかくにもワルターキン嬢には個人的にめちゃくちゃ心に楔を打ちつけられたので、彼女に関する今後の展望や続編を期待して待ちたいところ。

 

ディオフィールドと呼ばれる島にはワルターキンがいる。

ワルターキンちゃんがワルターキンしてるワルターキンちゃんをください!!!