こ な げ ー R e t u r n s .

CSゲームの感想やトロフィー録など

When the past was around 過去といた頃

f:id:konagame:20210621060432j:plain

愛すること、時の移ろい、別れ。そしてそれらと共にある喜びと痛み。

 

発売日 2020年12月17日
プラットフォーム PS4/Switch/XONE/windows
ジャンル パズルアドベンチャー
トレーラー

https://youtu.be/keCwvoUGOgc

 

PSstoreで現在開催中の「Playstation Indies」セール対象作品のひとつ。

同セールは6月23日まで開催。最大90%OFF。対象タイトル235本。

store.playstation.com

セールまとめ買い作品攻略第四弾。

 

ちなみに今回プレイしたWhen the past was around

通常価格900円が30%OFFの623円で購入できます。

 

f:id:konagame:20210621061746j:plain
 

ジャンルはポイント&クリックパズルアドベンチャーゲーム

 

主人公は20代前半の女性エダ。

描かれた風景の中に潜むパズルやアイテムをクリックで見つけ、彼女が過去と向き合い未来へと歩を進める過程を追想しながらステージは進んでゆく。

 

最愛の恋人オウルとの出会い、彼と過ごした日々、そして別れ。

 

情緒的な音楽と、イラスト風のタッチで描かれたグラフィックも素晴らしい。

 

f:id:konagame:20210621061821j:plain

 

彼女が恋人と過ごした様々な風景に潜む思い出のパズルたち。

 

ポイントカーソルを操作し、扉などをクリックすると中からアイテムが出現。

そのアイテムを別のポイントで、別のアイテムと組み合わせることによって彼女の思い出の品が完成。

または箱をクリックして鍵を見付け、その鍵を使用することで次のステージへの扉が開く、など。

 

謎解き要素もあるパズルはほどよい難しさでゲーム性十分。

其処彼処を闇雲にクリックして部屋中の物で音をかき鳴らすのもいとをかし。

 

最後まで使うことはなかったけれどヒント機能も搭載。やさしい世界。

f:id:konagame:20210621061851j:plain

色鉛筆画風のイラストがとにかく素敵で、エダのころころ変わる表情も愛しい。

 

音楽の道で挫折し、夢を諦めようとしていたエダ。そこで出会った、心惹かれる音を奏でる音楽家、オウル。

 

台詞や説明は一切ないけれど、彼女たちの表情や音楽から伝わってくる楽しくかけがえのない日々。

 

物悲しいストーリー序盤から少しずつ明るく、前向きになっていくエダの姿が切なくも美しい。

 

f:id:konagame:20210621061917j:plain

 

プレイ時間は2~3時間ほど。

 

トロフィーも説明分読めば分かる簡単な物が多いのでとても易しい。

チャプターセレクトでクリア済チャプターを何度もやり直し出来るのも◎。

 

雰囲気、ビジュアル共に最高の素敵ゲーでした。

キラキラの恋愛模様が輝かしすぎて閃輝暗点

 

 

ところでオウルはリアルオウルなのかイメージオウルなのか。

オウル系男子、ありかも。

 

f:id:konagame:20210621061949j:plain